とうびょうライトハウス

病気と向き合う方をサポートしたいブログです

闘病生活

闘病ショート回想(その3) ― 話を聴く・聴いてもらう(傾聴の大切さ) ―

今回は、私の過去の回想録と共に、話をきいてもらうことの大切さについて記事にしたいと思います。 闘病する人は、時々、誰かに話をしっかり聴いてもらうことがとても大切です。一方、闘病する人の傍にいる方には、時おり、その方の話を丁寧に聴いていただき…

闘病ショート回想(その2) ― 療養生活のリソース 慰めになったラジオとペット ―

退院後も自宅での長い療養生活を余儀なくされました。根治させる治療法はなくて、痛みに耐える日々が続いていき、昼も夜もなく、昼夜逆転の生活となっていきました。そうした生活の中、こころの慰めになったのは、NHKのラジオ深夜便とペットの手乗り文鳥でし…

闘病ショート回想(その1)

長きに渡る私の闘病生活の中で、一番、強烈に記憶されている日。それは、病名を知らされた日、告知の日です。重い病気の告知の前と後とでは、世の中の見え方が全く変わってしまいます。 もくじ 【告知前の3ヶ月の入院】 【退院後の受診そして告知】 【ショッ…

重い病気を告知された時、どうするか?

大きな病気であると医者から知らされ、かなりの衝撃を受けた際の対処法が分かります。僕の場合ですが…。 -目次- 【家族や友人に泣きつく】 【とりあえず治療は主治医に任せる】 【何か熱中できるものをやりまくる】 (1)家族や友人に泣きつく 重い病気を…