とうびょうライトハウス

病気と向き合う方をサポートしたいブログです

闘病する人の心に響く支援活動 ― NPO法人 がんノート ―

公的・民間を問わず、がん患者さんに向けた支援団体が多数あります。その中でも、支援の仕方がとてもオリジナル独自性を発揮している『NPO法人がんノート』さんを紹介したいと思います。

 NPO法人がんノートは、代表の岸田さんが、がん経験者さんにインタビューをして、リアルながん経験者の体験談を配信するという活動を行っています。がんと向き合う患者さんが、体験談から前向きに闘病するヒントを得ることを目的とする「インタビュー型ウェブ番組」、それががんノートです。

これまで、主に学術的な研究を目的として、患者さんとのインタビュー動画をライブラリー化する支援組織はすでにありました。しかし、直接がん患者さんにがんの体験談を届けるインタビュー型動画配信は、他にはないと思います。私も、立ち上げ当初から番組を拝見しています。

 

f:id:dai7place:20201003165459j:plain

 

 もくじ

【がんノート 番組紹介】

【がんノートミニ】

【がんノートナイト】

【まとめ】

 

がんノート 番組紹介

 がんノートには、いくつかの番組形式があります。中心となるのは、看板番組『がんノート』です。団体名と同じネーミングのこの番組では、司会の岸田さんがゲストのがん経験者さんにテーマごとのインタビューを行うことで、がん経験者の密度の濃い体験談が約1時間半をかけて語られます。姉妹編『がんノートミニ』という『がんノート』のショートバージョン番組もあります。

上記番組の他に、この春からは『がんノートナイト』という番組の配信が始まりました。がんノートナイトは毎週木曜の夜9時から約1時間、看板番組と同様にyoutubeライブ配信されます。司会の岸田さんとゲスト2名(がん経験者や医療関係者など)が、ドリンクを飲みながらゆる~くトークする番組です。毎回お題が設定され、視聴者からのコメントもひろいながら、楽しい雰囲気の中でがんの経験談が語られます。

下記に、私が視聴した中から最近、最も感銘を受けた『がんノートミニ』をひとつと『がんノートナイト』をひとつ紹介します。よろしければ、ちょっと覗いてみてください。

 

がんノートミニ

www.youtube.com

 

☆私の感想☆

アイドルグループに所属する矢方さんが、がんを告げられ辛い闘病生活を送ることになります。そんな状況にあっても矢方さんは、持ち前の明るい性格から前向きにがんと向き合い始めます。仕事にも早期に復帰して、治療後の生活においてもマイナス面をプラスに転換して乗り越える工夫を重ねます。また、アイドルから声優へと未来の目標設定を切り替える大きな決断も。常に前を見続けようとする彼女のパワーは、見るものにも力を与えてくれます。もちろん辛かった時期もあったと思います。でも、アイドルとしてのプライドを持って、明るく生き生きと振る舞える彼女のパーソナリティは、山あり谷ありの闘病生活をしっかり乗り越えていきます。テレビ等で彼女を見かけたら、応援させて頂きたいと思いました。

 

 がんノートナイト

www.youtube.com

 

☆私の感想☆

ゲストのお二人とも簡単ではないがんに罹り、告知で一度は大変なショックを受けます。しかしながらそこから立ち直って、それぞれがんの啓発活動を開始します。番組中、クスッと笑えるジョークも飛び出し、終始なごやかなムード。でもお話を聴いていると、苦しい闘病生活を経た上で到達された境地なのだと気づかされます。闘病から得たものとして、笑いの効用と大切さが語られ、なるほどと思いました。フランスの哲学者アランが言うように「幸せだから笑うのではない、笑うから幸せなのだ」のことばを地で行くお二人でした。

 

まとめ

 がんノート代表の岸田さん自身が、がん経験者です。しかも2度のがんを克服され、その後にがんノートというユニークな支援活動を展開されます。岸田さんの明るく楽しいパーソナリティが、がんという重い病を扱う番組であるにもかかわらず、リラックスした雰囲気づくりにうまく働いて、がん患者さんの率直な想いや、一歩踏み込んだ経験談を巧みに引き出す番組となっています。私としてはこれからも、がんノートを見続けていきたいです。

 

dai7place.hatenablog.com

dai7place.hatenablog.com